ゆられて




ひとをせおってたおれたのです
(額から血が)

家の鏡をみたら
わたしが傷ついている

泣きだしたのにそれは
この世のひとではない

ああ あのときゆれていたのか
昨日が二人にも三人にもなる

うしろのきみはだれ

ゆびをさしてわらっているが
それはとてもふるくて根もとがない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です