大学





大学生がひとびとに追われて逃げていく

わたしは燃えながら
八景食堂で酒を舐めていた

十八歳になったばかりのころ
背中には他人のなまえが書いてあり

脂の浮いた海が
ふかくここまで入ってきていた

大学生はひとびとに炙られ
皿の魚もこれから燃えていくところであった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です