詩誌『布団の会』





やあいらっしゃい
店のなかに布団がある
深くめざめているご主人だ
青くなっている
詩のひとたちはでもやってこない
(や、ここではなかったか)
きっとみんな
池のようなところでもうあつまっている
とおもうが
眼があかない
手足もなくなっている
布団の奥で
店だけがやや明るんでいる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です