への字の顔が
あの字の顔にうつって
せきやくしゃみ
(体育の日の箱のことだ)
顔はその箱ごと焼いてしまえ
船になって
祖父は夢に出てくる
きみが名前で呼ばれるのは
そのあとだ
となりの世の葱坊主も

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です