海峡通り

しぼられているところ。
ひとびとはみんな目を病んでいた。
(七人の眼科医が。)
辻々にひかえている。
海にやられた。山にやられたぞ、と。
星のかたちをした小さな陣地で。
あおむけに空をみている。
(昔みていた。)
隣では、ハンバーガーと
オムライスをたべている巨漢。
いずれ確実に眼が、眼が。
とそのひとは叫ぶだろうな。
十字路に視野が。
しぼられているところ。
市電は片側だけで消えている。

鶴見

洗わねばならない。
獅子ヶ谷にむかって。
(中世の悪党。)
バスの影とともに全身は糞にまみれた。
自由。狼藉。
ひとびとは金髪を揺らし。
少し北寄りに集まってくる。
(こんなところにも。)
大きなショッピングセンターがあるんだね。
わたしと妻は鶴見にいた。
老いの悪党。
生きながらえたまま、
急いでそこを飛び立とうとする。