同人誌『八景』の発行


hakkei3blog

 改行屋書店店主の廿楽順治が主宰する同人誌『八景』第三号(八月一日発行)が出ました。
 今号から野木京子さんが参加しています。野木さんは横浜市金沢区の金沢八景在住の詩人。詩集『ヒムル、割れた野原』(思潮社)で二〇〇七年第五七回H氏賞を受賞しています。今回掲載しているのは、「七週間」「七週間――2」「水鳥たち、雪の骨」の詩三編。他の作品は成田誠の小説「雪夜」と、廿楽順治のちょっと長い詩「ぜろですよ」です。表紙の版画は、はやり金沢八景在住の同人の版画家・宇田川新聞の作品。定価五百円。購読については、以下のアドレスまでメールでご相談ください。改行屋書店代表アドレスkaigyuoya#tsuzura.com (メールの際は#を@に変えてください)。
 宣伝ついでに野木さんの詩「七週間」をご紹介します。

七週間

              野木京子

どうにも答えがわからないのです
空には見えない星がいっぱい
ゆっくり回転している
役目を終えた火は宙へ行くよ
前日 迎えにきていた小さな子供のようなものが隅にい
 て
宙へ行くからひきとめてはいけないよ とわたしに言っ
 たのだけど
一週間が七回めぐるまでは
どうにも ただそのひとはそのひとの中心に隠れてしま
 っただけのように思える

そのひとの本はわたしのなかにあるので
いつでも頁をひもといて読むことができる

空には見えない星がいっぱい
それが だれでも知っていて だれもが知らない秘密な
 のだから
迎えに来たものはそう言ったのだけれども

一週間が七回めぐったときには
黒い空から見えない星がたくさん地上の人を見ている
きっとそう思えるようになるはず
だから 空を思うとひとは生きていけそうな気になるよ
小さな子供のようなものはやはりそう言う