竹橋

だが。
竹でできているものは何ひとつない。
どこを渡らされたのか。
小さく。うすい字で何かが。
わからないように展示された館内。
黒いスカートの、
おどろくほどふとい足が。
どこにもないなよ竹をのぞいている。
(ふといな、おどろくほど。)
じじいが白く。
おどって、美術のなかでほろびているわ。
竹を割ったような。
(となりの二本足。)
そういう亡魂のおまえだ。
水はわたしたちのすぐ近くにある。
おどろけ。


モスラ

 とうとうザ・ピーナッツがおふたりとも亡くなられた。ファンというわけではないが、子どものころからなじみのある歌手だったので、それなりの感慨がある。今度作った『詩集 怪獣』にもザ・ピーナッツがでてくる。もちろん、モスラがらみである。モスラは善玉ということで、人気があったようだが、わたしはあまり好きではない。顔がさえないし、結局は芋虫だもんな、というように思っていた。映画自体にもあまり熱中した記憶はないが、しかしザ・ピーナッツのふたりの声の重なりは記憶に深く残っている。『詩集 怪獣』に入れた詩を、追悼の意を込めて引用しておこう。原文はいつもの通り下揃え。
 
 モスラ、や
 
呼ぶときのわたしはふたりだった
アンタトワタシ
きみわるいくらいに声がぴったり合った
むやみに大きくて
動きまわるだけのあれ
手足もないのに
恥ずかしくも名まえをつけられてしまった
きみはばかだな
南洋の土人から呼び捨てにされたくらいで
泣くやつがあるか
死んで小さくなった子どもらは
ようやく
やってこなかった宿題のことを告白する
海ヨリ深ク反省シテマース
だがだいじょうぶ
きみらが大人になるころ
東京はあの夕焼けみたいに
もののみごとに崩壊しているさ
モスラ、や
もすら、ときたもんだ
そうやって声を合わせていると
わたしは多数であることを
泣いてわすれてしまう
なむみょうほうれんげきょう
もう死んでるからといって
(おじいさんたちも)
わがまま言わずに
ふたりとも
ちゃんと公園へ避難してくださいね