中国の虎

 



初音町。歯ぎしりしながらゆきすぎる。
なんてね。
中国の虎。
つまり夜の外国人というわけさ。
後悔も少しはあった。
(シナトラだ。)
わらえないのに。同じことが。
思い起こされてしまう。
若くして牛蒡につらね。
(廃車。不要車。一万円。)
となりは中華料理。わたしのみち。
でも。そこではおばさんが歩いている。


綱の手引坂



綱坂のちかく。
手を引かれて。綱が。
(のぼる、くだる。)どっちかな。
曇って少し。寒い景色で、
手がひかる。
片手のひかり。
それだけで。こちらへと。
引くこともできる。
わたなべの綱。
死んだやつのおもいでだもの。
しらないひとの。