「詩の話をしよう」カテゴリーアーカイブ

ダチョウ

『チューリップ時代』

のどを猫でいっぱいにして