同人誌『八景』の発行


hakkei3blog

 改行屋書店店主の廿楽順治が主宰する同人誌『八景』第三号(八月一日発行)が出ました。
 今号から野木京子さんが参加しています。野木さんは横浜市金沢区の金沢八景在住の詩人。詩集『ヒムル、割れた野原』(思潮社)で二〇〇七年第五七回H氏賞を受賞しています。今回掲載しているのは、「七週間」「七週間――2」「水鳥たち、雪の骨」の詩三編。他の作品は成田誠の小説「雪夜」と、廿楽順治のちょっと長い詩「ぜろですよ」です。表紙の版画は、はやり金沢八景在住の同人の版画家・宇田川新聞の作品。定価五百円。購読については、以下のアドレスまでメールでご相談ください。改行屋書店代表アドレスkaigyuoya#tsuzura.com (メールの際は#を@に変えてください)。
 宣伝ついでに野木さんの詩「七週間」をご紹介します。

七週間

              野木京子

どうにも答えがわからないのです
空には見えない星がいっぱい
ゆっくり回転している
役目を終えた火は宙へ行くよ
前日 迎えにきていた小さな子供のようなものが隅にい
 て
宙へ行くからひきとめてはいけないよ とわたしに言っ
 たのだけど
一週間が七回めぐるまでは
どうにも ただそのひとはそのひとの中心に隠れてしま
 っただけのように思える

そのひとの本はわたしのなかにあるので
いつでも頁をひもといて読むことができる

空には見えない星がいっぱい
それが だれでも知っていて だれもが知らない秘密な
 のだから
迎えに来たものはそう言ったのだけれども

一週間が七回めぐったときには
黒い空から見えない星がたくさん地上の人を見ている
きっとそう思えるようになるはず
だから 空を思うとひとは生きていけそうな気になるよ
小さな子供のようなものはやはりそう言う

モスラ

 とうとうザ・ピーナッツがおふたりとも亡くなられた。ファンというわけではないが、子どものころからなじみのある歌手だったので、それなりの感慨がある。今度作った『詩集 怪獣』にもザ・ピーナッツがでてくる。もちろん、モスラがらみである。モスラは善玉ということで、人気があったようだが、わたしはあまり好きではない。顔がさえないし、結局は芋虫だもんな、というように思っていた。映画自体にもあまり熱中した記憶はないが、しかしザ・ピーナッツのふたりの声の重なりは記憶に深く残っている。『詩集 怪獣』に入れた詩を、追悼の意を込めて引用しておこう。原文はいつもの通り下揃え。
 
 モスラ、や
 
呼ぶときのわたしはふたりだった
アンタトワタシ
きみわるいくらいに声がぴったり合った
むやみに大きくて
動きまわるだけのあれ
手足もないのに
恥ずかしくも名まえをつけられてしまった
きみはばかだな
南洋の土人から呼び捨てにされたくらいで
泣くやつがあるか
死んで小さくなった子どもらは
ようやく
やってこなかった宿題のことを告白する
海ヨリ深ク反省シテマース
だがだいじょうぶ
きみらが大人になるころ
東京はあの夕焼けみたいに
もののみごとに崩壊しているさ
モスラ、や
もすら、ときたもんだ
そうやって声を合わせていると
わたしは多数であることを
泣いてわすれてしまう
なむみょうほうれんげきょう
もう死んでるからといって
(おじいさんたちも)
わがまま言わずに
ふたりとも
ちゃんと公園へ避難してくださいね